« 泣く子も黙る、レイバン様の時代があった。俳優、タレント、ミューシャン、モデルなんかが、ちょっと不良っぽく演出したいときに。 | トップページ | ありますとも、青山にアパート! 港区に、掘り出し物のマンション、一戸建てを入手するには、アパート暮らしから始めるのを恐れずに! 中古、賃貸マンションも、安いものでいい。 »

2015年6月25日

あきらめないで! 素人でも安く直せる。 混合水栓の水漏れ。頼ったのは、Amazon、You Tube、Googleの、「インターネット御三家」。水まわりの修理、リフォームも自分で。

文: ゲストライターAG(エージー)

Suido170Amazon.comの功罪はいろいろあるが、私が実感している「功」をひとつあげると、「家庭用設備機器の修理を、自分で(D.I.Y)できるようになった」、ということだ。
これまで素人には入手の難しかったレアな機器パーツ(水道用品)が、今はAmazonで手軽に買える。
さて、先日、私が修理したのは、作業場兼洗面所についている「混合水栓」の”水漏れ”。
ふつうの蛇口とシャワーに切り替えられる水栓から、水漏れが止まらなくなり、自分で修理した。
ところが、その過程で、問題が!
はじめ、とても自分ではできないと思い、インターネットで調べた「水漏れ○○○」といった水道の応急サービス業者に来てもらった。
電話に出たオペレーターの話では、「低料金(最低1000円から)でパーツ交換修理する」とのことだったが、実際に来た作業員は、「メーカー在庫のない十年以上前の製品なので、水栓を丸ごと新品に交換します」、と言い出した。話がちがう。
彼のノートに走り書きで示された「見積金額」は、なんと6万円以上! しかも製品は、低級なグレードのもの。
もちろん丁重にお断りした。
作業員は帰り際、「信じられない!」という顔で、「どこに頼んでも1万や2万円では直りませんよ!、現金がなければクレジットカードも使えるのに・・・」と粘ったが、冗談じゃありません。断固としてお引取りいただいた。
さて、断ったはいいけれど、水漏れは直さなくてはならない。
さっそく、「混合水栓、水漏れ 」など、いろいろな検索ワードでググってみた。
すると、修理方法の動画が You Tube に上がっていた。とってもわかりやすい。スパナとドライバーがあれば、素人にも修理できることがわかった。
次に、「壊れた水栓のメーカー名と製品型番」で再びググると、適合パーツがAmazonでヒットした。価格は送料含め、たったの2926円也!業者の見積もり、6万円以上とは、えらい違う。
二日後にパーツが到着し、元栓を止めて(これをしないと水びたしで大変なことになる)、約30分で修理完了。水漏れは、まったくなくなった。
水道、ガス、電気などの家庭用の設備機器は、従来(今もか?)メーカーと施工修理業者が結託して、素人には手がだせなかった。もちろん施工にあたって資格の必要な工事や修理もあるが、資格の必要ない簡単なパーツ交換でさえ、業者の「言いなり」がこれまでのパターンだった。泣いた人も多いのではないだろうか。
そこに風穴をあけてくれたのが、Amazon.com。
・・・なにかと経済事情が厳しい昨今。
インターネット御三家を徹底利用して乗り切ろう!

・・・・・

●Amazon、女のバーゲン  
●Amazon、 男のバーゲン!

     

・・・ go! goole play ・・・

« 泣く子も黙る、レイバン様の時代があった。俳優、タレント、ミューシャン、モデルなんかが、ちょっと不良っぽく演出したいときに。 | トップページ | ありますとも、青山にアパート! 港区に、掘り出し物のマンション、一戸建てを入手するには、アパート暮らしから始めるのを恐れずに! 中古、賃貸マンションも、安いものでいい。 »