« 儲け主義の動物病院からペットを守ろう。ペットオーナーは、自主性をもとう。 | トップページ | とーさーん! 倒産だよっ! あの、一世を風靡したファッションブランドのマリテ フランソワ ジルボーが! ・・・ドレスダウンの精神が素敵だったなあ。骨董通り店も閉店。ブランド ファッション M+F Girbaud »

2010年5月11日

猫の、尿道(膀胱)結石の最期は、かなり悲惨です。腎不全に注意。緊急時には動物病院の処置が必須。

■この文は、FLUT(下部尿路疾患)の「予防」に関する話ではありません
すでに、尿が出ない(出にくい)、血尿が出るなど、結石特有の症状、尿毒症が出ている猫に関する情報です。

結石対応フードについては、このページ下部にご紹介しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、自分が世話をしていた猫で経験があるのですが、猫が、尿道(膀胱)結石で死ぬときは、かなり悲惨な状態になります。
そういうあぶない状態になったとき、動物病院に預けた(預けっぱなしにした)人は、病院の先生の説明を、あとからただ聞く(信じる)だけになるかもしれません。そして、病院側は、「最期は悲惨でした」などと、ぜったい言うわけがありません(病院としてのプライドがありますから)。
ですが私は、尿道結石(最期は尿毒症)での死に様を実際に見てしまったため、事実を書けます。
あまりに悲惨だったため、しばらくショックで立ち直れませんでした。尿が出ない、頻尿である、よくしゃがむ、血尿、腎不全などの猫を世話している方は、じゅうぶんご注意下さい。

猫の名前は、月(つき)ちゃんといいます。

月ちゃんの日ごろの症状は、何度もしゃがんで排尿しようとするけれど、なかなか尿が出ない。それが基本でした。3,4年続いていました。
血尿も、かなりよく出ていました。
また、以上の症状とあわせて、”体が異常な動きをする(勝手に動く)”という症状も、ある時期から出始めました。
これはかなり重症に近づいており、尿毒が脳に影響を及ぼしはじめたのではないかと思われます(尿毒症)。

そんなある日、とうとう本格的におしっこが出なくなったらしく、トイレでなんどもしゃがんだのち、横になって倒れてしまい、全身痙攣したり、ウオーッ!!!と苦しそうなうめき声を出して身もだえしはじめました。
少し立ち上がったかと思うと、また倒れ、苦痛にのたうちまわっているという状態でした。痛々しくて見ていられません。
それが1時間くらい続いたでしょうか。
みると、身体の周辺に、大量の尿が(血尿が)出て(溜まって)いました。尿道か膀胱に異常が生じ、破裂したのかもしれません。
月ちゃんは、やっと起き上がって、よたよたと移動しましたが、ほとんど歩けません。
その晩は、私も眠るどころではなく、月ちゃんは横たわったまま何度か全身痙攣していました。激しい痙攣で、バタバタ音がするくらいです。
いちど、ふと立ち当たって、月ちゃんはベランダに出ました。
雨が降りましたが、雨に当たっている自分を認識できなかったようです。(脳に障害が出ているか、劇症で、わけがわからなくなっているのでしょう)。私は、月ちゃんを押して、雨の当たらないところに移動させました。
月ちゃんは、ときどき、激しい全身痙攣をし、歯をむき出し、目をかっと見開いて、また横倒しになります。・・・それで動かなくなるので、死んだのかと思って、しばらくそっとしておきますと、またヨタヨタと起きて、同じことのくり返しです。
私にとって、地獄のような夜でした。
そんな状態が1日半くらい続き、あるとき、体を(四肢を)思うぞんぶんのばして、長ーくなり、そのまま横たわりました。のびた、という感じです。
おそるおそる懐中電灯で瞳を照らしてみたところ、目の動きがありません。人間が近づいても、なんの動きもありません。
おそらく、脳死でしょう(脳が先に死んだ)。瞳孔反応なし、という事態だと思います。
私は、この時点で、やっと病院に連れていけると思い、月ちゃんをダンボールに入れました。まったく動きませんでした。
へんな話ですが、ここまでなぜ連れていけなかったかというと、ほんとにへんな話なのですが、”途中、何度か、死んだ、と思ったことの繰り返し”だったからです。
ああもう死んだ、とうとう死んだ、と思うと、また動いたのです。
しかし、病院に連れていく途中、タクシーの中で、ダンボールの中の月ちゃんが、ドタバタッと、大きく動きました。私の手に衝撃がありました。

病院に着いてダンボールを開けたときには、亡くなっていました。
タクシーの中で、ドタバタッとしたのは、”心臓死”の瞬間の最期の痙攣だったと思われます。本当の死が、訪れたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん私は、日ごろから月ちゃんに、結石のための療法食(フード)をよく与えていました。
しかし、月ちゃんの症状は私が外から保護した時点でかなり進行していたと思われる上に、”なまはんか”なフードでは全くだめです(だめだったのでしょう)。症状は改善せずに進行していったと思われます。
インターネットには、結石を取る手術があると書かれていましたが、やった人の話では、効果がない、逆に可哀想なことをした、という体験談も多かったです。もっとも、私が世話をしていた月ちゃんは、人間にはほとんど慣れてないので、通院、手術など、とても無理です。

すでに、頻尿とか血尿の出ている猫には、FLUT(F.L.U.T./下部尿路疾患)対応フードなど、役に立たないと思います。いえ、役に立ちませんでした。よく、ドライフードのパッケージなんかに表示されていますよね。たぶん、そのようなフードは、健常猫の予防にしかすぎないと思います。いえ、予防にすらならない可能性は大です。
すでに頻尿、血尿などの症状の出ている猫には、結石を現実的に溶かす目的のフードが、いちばんよいと思います。結石が形成されるのを「予防」するフードでは、だめです。当たり前です。

私は、月ちゃんが亡くなってから、もしかしてこれ(下の)をあげればよかったのかと、思いました。しかし当時はインターネットでも結石を溶かすフードの紹介がほとんどなく、この製品のことを知りませんでした。

苦しみと孤独の中で死んでいった、お外の猫、”月(つき)”ちゃんから得た教訓を、私はネットに書くという形で、社会に生かしたいと思っています。

・・・・・・

★結石には、ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症の2タイプがあるということで、療法食の選択にむずかしさがあります。
このどちらのタイプの結石かという判断は、私は、すべての動物病院が正しくできるとは思っていません。私自身も、猫の尿をリトマス試験紙で検査しましたが、やるたびに違ったりして、あいまいな結果も多かったです。

★動物病院は、手術で取り除くと言うかもしれませんが、それで治るかどうかの保証はありません。「治る」といえる獣医さんはいないのではないかと思います。なぜかというと、結石ができやすい体質、というのがあるようで、手術してもまた結石が形成される可能性があるからです。動物病院は、どうか信頼のおけるところを選んでください。



ストルバイト結石症とシュウ酸カルシウム結石症の両方に対して効能をもつ、という療法食もあります。ロイヤルカナン社の「phコントロール」(ペーハーコントロール)は、評判がいいようです。ほかのメーカーのもあるのですが、片方のタイプの結石にだけ対してだったり、溶かす効果ではなく予防目的だったり、味にバリエーションがなかったり、なにかとむずかしいものです。

★その、phコントロールという製品には、0(ゼロ)、1、2、さらに味違い、など、いくつかの商品があります。数字の少ない(0または1)のほうが、予防ではなく、すでに症状の出ている猫の療法食として適しているようです。ただ、0や1の味は、あまり好まないかもしれません。食べないときは、お気に入りのフードにまぜるなどして、少しでも多く与える工夫が必要だと思います。決して安くない製品ですが、そうはいっても、病院代、手術代に比べればはるかに安いはずです!

★猫用、犬用を、間違わないようにしてください。

★すでに症状の出ている猫は、かなり本気で取り組みませんと、ある日とつぜん、見るにたえない悲惨な状態になるかもしれません。
ある日、いつものように排尿できずに苦労していたと思ったら、倒れて、全身痙攣して、うめきはじめたら、もう1分を争う状態だと思いますが、それでも手遅れになる可能性が大きいと思います。尿の出ない苦しみは、尋常ではありません。またその際、尿毒が脳にまわって、もう、ふつうの猫ではなくなります。(別の猫のようになります。あるいは、猫という生き物では・・・なくなります) 私は、こうなるともう、助けよう、生かそうということ自体、問題であるとさえ思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

phコントロールという製品について知るには。
 
メーカーのロイヤルカナンのサイトで、
 猫用の食事療法食の中から、phコントロールをみつけて調べてください。

Amazonでの販売ページは
こちら
 猫用、犬用を間違わないようにして下さい。

楽天の販売ページは
こちら
 猫用、犬用を間違わないようにして下さい。

ネット上の病院、
本間アニマルメディカルサプライに問い合わせる
 結石の予防ではなく、すでに症状が出ていることを伝えた上で、
 phコントロールの種類について相談してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓本間アニマルメディカルサプライ
便通を良くするペトロモルトや、ノミ取りのフロントラインほかが買えます。

Honma

●Amazon、女のバーゲン    ●Amazon、 男のバーゲン!

« 儲け主義の動物病院からペットを守ろう。ペットオーナーは、自主性をもとう。 | トップページ | とーさーん! 倒産だよっ! あの、一世を風靡したファッションブランドのマリテ フランソワ ジルボーが! ・・・ドレスダウンの精神が素敵だったなあ。骨董通り店も閉店。ブランド ファッション M+F Girbaud »